ブログ

俯瞰して考える時間を取るということ 

日々忙しく業務に追われていると、俯瞰して物事を考えることが無くなります。

実はこれ非常に危険なんです。今の問題点やこれからクリアしていく目標が不透明になり、最終ゴールへの道のりが遅くなります。

今自分行っているビジネスやこれからやろうとしているビジネスについて、ゆっくりと俯瞰して、考える時間を取って下さい。時間帯は、朝起きてから1時間後ぐらいが良いです。もっともエネルギー値が高く最高の集中力を持続できます。

場所は部屋やオフィスで篭もるよりもカフェなど人が多く集まるような場所が良いです。交感神経が強く働き、脳の活動が活発になります。

時間と場所の準備ができたら今のビジネス、これからやるビジネスについて下記項目を考えて下さい。

1.どんな緊急で重要性の高い問題を解決するのか?

ビジネスのほとんんどは問題解決をするものです。今のビジネスはどのような問題を解決しているものなのか?これをじっくりと考えて下さい。

そして、その問題は緊急性があるのか?緊急性のある問題であればあるほどモノ、サービスは売れ易いです。新規ビジネスを起ち上げる場合は
緊急性が高い問題を解決するモデルがベストです。

2.USP(付加価値)

ライバルと比べて自社の強みは何か?ということです。売上を伸ばしたい、利益を上げたいのであればこのUSPを磨かなけばなりません。

例えば、火災保険で自己負担をゼロにしてリフォームしてもらうなどは強烈なUSPになります。

3.マーケティング(販売戦略)

最後に販売戦略。

今のビジネスをどのように世の中に広めていくのか?勘違いしている人が多いのですがマーケティングとセールスは異なります。マーケティングは、お客様との信頼関係構築です。

このマーケティングがしっかりとできていれば、セールスなど殆どしなくてもモノ、サービスは売れます。逆にこのマーケティングができていないとどれだけセールスしてもモノは売れません。

ブログ、メルマガ、facebook、twitterなど。。を通じて、お客様との信頼関係構築ができているか?もう一度確認してください。

ということでこの3つのポイントをよ~く考えると、今の問題点今後の課題が明確なってきます。

最低でも、週に1時間ぐらいこのような時間を取るだけでも結果は大きく変わります。是非実践して見て下さい。

またブログにアップします。ありがとうございました。

▼世界一簡単な資産型WEBサイト構築無料講座

http://archibook.biz/shisanweb/lp001

【執筆】 山田 博保 Yamada Hiroyasu

一級建築士としての経験を活かしたWEBサイトを複数運営。内装工事マッチングサイト「アーキクラウド」創業者。WEBマーケティングとテクノロジーの力で建築業界に新たな価値を提供する活動を行う。を目指す方に向けて情報発信を行う。詳細は公式メールマガジンより。Facebookはこちら

関連記事

  1. ブログ

    WEBサイトは資産である

    WEBサイトは資産である。ということは、メルマガやセミナー…

  2. ブログ

    ローリスクで事業の柱を増やす方法とは?

    2016年を振り返ってみると。。。色々な出来事がありました。ビジネ…

  3. ブログ

    差別化で最も頂点に立つものとは? 

    今週末は熱海の温泉に行ってきました。全部で10室ぐらいの小さな…

  4. ブログ

    B to C系よりもB to B系

    工事を受注したけれどもなかなか職人さんが見つからない。。…

  5. ブログ

    第三者から資金を頂けるビジネス 

    今回は、集客では無くビジネスモデルについてです。火災保険リフォ…

  6. ブログ

    【鉄板】B to B 事業展開の具体的な流れとは?

    B to Bでの事業展開についてですが、既に色々なご相談を頂いています…

  1. ブログ

    バランスが重要です
  2. ブログ

    成功するWEBサイト唯一の方法とは?
  3. ブログ

    満足度を正確に把握するための方法とは?
  4. ブログ

    まずはアウトプットしてみるということ
  5. ブログ

    情動優位からの脱却
PAGE TOP