ブログ

はじめよう。可愛いビキニが売り切れる前に。 

先日電車に乗っていると、こんな広告が目に入ってきました。

「はじめよう。可愛いビキニが売り切れる前に。」一瞬「水着の広告かな?」と思ったのです。

ただし広告画像を見てみるとそんな感じでもない。さて何の広告だと思いますか?考えてみて下さい。答えは。。。。。

よ~く見てみると、「脱毛」の広告だったのです。回りくどい表現と思われるかもしれませんが、これがターゲットには響く広告になるんですね。

私はターゲットでは無いので響きませんでしたが対象のおそらく10~20代の女性にはピンと来る広告文だと思います。

時期的にも。

直接「脱毛しませんか?」でなく、その先の将来を提示してあげることが重要ということです。なぜ女性は脱毛したいのか?必ず理由があるのです。

脱毛する目的は何か?脱毛してどのようになりたいのか?ここを考える必要があります。

夏に向けて、肌の露出の多い服を着るから、海やプールへ行って水着を着る機会が多くなるから、脱毛をしたいのだと思います。そして、何よりも「美しく、可愛く見られたい」という女性の本能的な願望があります。

これらを上手く踏まえて「はじめよう。可愛いビキニが売り切れる前に。」といった、キャッチコピーにしたのだと思います。

問題、悩み

商品

目的

人が商品を購入する際は、このような流れがあります。目的が達成されれば別に商品など不要ということです。ですので、商品だけにフォーカスした広告は反応が悪いですし、しつこい場合は、逆に嫌われる可能性もあるのです。

目的を明確して、その目的を達成した将来像をイメージさせてあげると、スッと心に入って行く文章になります。

そのためには、ターゲットをより絞り込んで、「その商品を買うことでどのような将来が待っているのか?」を明確にして、広告文を書くと反応が上がります。

これはチラシやメルマガ、フェイスブックなどの媒体でも同じことです。是非参考にして見て下さい。

またブログにアップします。ありがとうございました。

【執筆】 山田 博保 Yamada Hiroyasu

一級建築士としての経験を活かしたWEBサイトを複数運営。内装工事マッチングサイト「アーキクラウド」創業者。WEBマーケティングとテクノロジーの力で建築業界に新たな価値を提供する活動を行う。を目指す方に向けて情報発信を行う。詳細は公式メールマガジンより。Facebookはこちら

関連記事

  1. ブログ

    プロよりもやっぱり素人がいい

    参加者A「○○という分野のプロが集まるメディアを作ろうと思いますがどう…

  2. ブログ

    日常の中に「儲けのネタ」が潜んでいる。

    東急東横線沿いの行きつけの喫茶店にて。いつも通りア…

  3. ブログ

    【衝撃】フライデーから電話がありました。

    最近こんな電話がありました。「こちらフライデーですが取材をさせ…

  4. ブログ

    不動産で年間400億円を売り上げる方法とは? 

    ご紹介させて頂いているこちらですが大きな反響を頂いています。▼…

  5. ブログ

    第二の安定した収入の柱

    買取再販トップの菅野さんによる不動産投資講座、あと3日で公開終了です。…

  6. ブログ

    一度リセットして成功者から学ぶ

    今後、情報発信をしていく上で金融投資についても触れていきたいと…

  1. ブログ

    我慢できる子とできない子の将来
  2. ブログ

    いよいよ4回目の動画の公開です!
  3. ブログ

    世界一簡単な資産型WEBサイト構築方法とは?
  4. 導入には見極めが肝心!?デジタルマーケティング!
  5. ブログ

    仕事のパフォーマンスを圧倒的に上げる方法 
PAGE TOP