ブログ

金利削減はコロナショックを活用する

山田です。

金利削減を成功させるためには
いくつかポイントがあります。

しかし、残念ながら
そう簡単にできるものでは
ありません。

何故なら、
金利は金融機関の
主たる収入源だからですね。

当然、金利が下がれば
売上が下がるわけです。

よっぽどの理由がなければ、

金融機関も金利を下げることを
認めることは無いです。

ただし、例外もあります。

つまり交渉の確率が上がる
タイミングがあるということです。

家賃支払いモラトリアムということで、
現在、テナント側の支援が
進んでいるのは周知の事実だとは思いますが、

当然ながら、
その負担をオーナーのみが
全て背負うのはナンセンスなわけです。

そこで国も金融機関に対して、
返済猶予や条件変更、資金練支援などの
御触れを出しているのです。

つまり、
今回のコロナショックは
大きなチャンスということなんです。

ただし、チャンスだからと言って
闇雲に「金利下げてください!」

と言っても絶対に上手くはいきません。

交渉において、
絶対に使用してはいけない
ワードなど、

細いテクニックが
多々あります。

しっかりと戦略的を立てた上で
既存の金融機関と
交渉をする必要があるのです。

安易に交渉をした場合、
逆に金融機関の印象を崩してしまう
可能性もあるので要注意です。

金利削減の破壊力は絶大ですよ。

弊社の顧問先の事例ですと、

金利を2.5%削減。
元々6500万円だった利息を
最終的に3300万円まで
削減することに成功。

どれだけ、
原状回復費をケチっても
空室を埋めたとしても、

たった1回で交渉で
これだけのインパクトある結果を
出せるのは金利の削減以外は無いです。

チャンスは今ですよ!

詳細はオンラインセミナーにて。

セミナーのご案内はメルマガご登録者にのみ
お伝えしていますので、
是非ご登録ください。

▼こちら
https://archibank.co.jp/web/blogkiji

 

————————————————————
メルマガ登録者のみ、
セミナーのご案内をしております。
ぜひメルマガにご登録ください。
https://archibank.co.jp/web/blogkiji
————————————————————

【執筆】 山田博保 Yamada Hiroyasu

一級建築士としての経験を活かした不動産投資家向けのコンサルティングやWEBサイトを複数運営。株式会社アーキバンク代表取締役。建築・不動産業界に新たな価値を提供する活動を行う。詳細は公式メールマガジンより。Facebookはこちら

関連記事

  1. ブログ

    商品ありきだと何故ダメなのか?

    昨日より無料配布していますアンケートの取り方ですが、何故アンケートが重…

  2. ブログ

    B to C系よりもB to B系

    工事を受注したけれどもなかなか職人さんが見つからない。。…

  3. ブログ

    かなりニッチなフランチャイズとは?

    前回セミナー事業の話しをしましたが。。もう一つの選択肢として、フランチ…

  4. ブログ

    来年の目標を立てるだけではダメな理由とは?

    何となく、来年の目標を立てている方も多いと思います。但し、注意して欲し…

  5. ブログ

    WEBが苦手なのですが大丈夫でしょうか?

    昨日から公開している「資産型WEBサイト構築」無料講座http…

  6. ブログ

    第三者から資金を頂けるビジネス 

    今回は、集客では無くビジネスモデルについてです。火災保険リフォ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. ブログ

    一つの事業に集中した後やるべきこと
  2. ブログ

    『マーケティング・ミックス』とは?
  3. ブログ

    「見込み客」<「既存顧客」の理由とは?
  4. ブログ

    事業の多角化方法とは?
  5. ブログ

    ここ2ヶ月ぐらいで200件以上の申し込み
PAGE TOP