ブログ

セールスにおいて対面に勝るものは無い 

自社の商品やサービスを宣伝する場合にどうすれば良いですか?という質問を良く頂きます。答えは簡単です。

その商品やサービスに興味がある人が多く集まる場所へ行って宣伝ををするということです。

 

WEBであれば、ターゲットが検索しそうなキーワードでSEO対策したサイトを作って自社のサイトに多くの人を集めます。

その他、広告を出す方法もあります。主流は、googleやyahooとなりますが、今ではFacebook広告が有効です。非常に費用対効果高く宣伝をすることができるからです。ターゲットのセグメントも細かくできます。

Facebookには多くの個人情報が蓄積されています。これを活用して細かい設定ができるのです。職業や年齢や性別や趣味、興味など非常に細かいレベルで分類することができます。

無駄な広告が無くなり、費用対効果が良くなります。そして来年からはアマゾン広告も、活発になってくるでしょう。。

しかしWEB集客は流行り廃りがあるのも事実です。昨年まで有効だったものが今年は全く使えないなんてことが良くあります。

SEOにしても5年前と今では全く違いますし、広告にしても参入者が増えてくれば単価はどんどん上がっていきます。そういったリスクがありますので常に最新の情報に目を光らせていなければなりません。

一方昔から安定しているのがリアル集客です。実際に人が集まる場所へ行ってそこで宣伝をするという方法です。

その代表的的なものが展示会ですね。如何に動画が発達したとしてもセールスにおいて対面に勝るものはありません。

弊社でも講座の販売は必ず説明会という形での対面での販売となります。

展示会の場合、大規模なものとなれば数万単位の来場があります。WEBと違い、初期投資はある程度必要ですが、短期間で大量の見込み客にアプローチすることができます。

ポイントは展示会のテーマと自社の商品内容を合わせるということです。ここがズレていると、見込み客と自社商品の不一致が起こります。結果的に成約率は落ちるでしょう。

直近では、東京ビックサイトで『建築再生展』というものが開催されます。

▼『建築再生展』東京ビックサイト
http://www.rrshow.jp

実は今回ここに弊社が出展します。内容は『7種類のリペア技法』です。再生とリペアは非常に相性が良いです。リペアをすれば廃棄物が減りますし、新たな材料を購入する必要もありません。全体のテーマと合致するということです。

リペアに興味あるという方はもちろんのこと、展示会からどうやって自社の商品やサービスを販売していくか?という点に興味のある方も是非お越し下さい。

期間は
5/31(水)10:00~17:00
6/1(木)10:00~17:00
6/2(金)10:00~17:00
となります。

▼『建築再生展』東京ビックサイト
http://www.rrshow.jp

またブログにアップします。ありがとうございました。

『7種類のリペア技法』無料講座

 

 

【執筆】 山田 博保 Yamada Hiroyasu

一級建築士としての経験を活かしたWEBサイトを複数運営。内装工事マッチングサイト「アーキクラウド」創業者。WEBマーケティングとテクノロジーの力で建築業界に新たな価値を提供する活動を行う。を目指す方に向けて情報発信を行う。詳細は公式メールマガジンより。Facebookはこちら

関連記事

  1. ブログ

    第三者から資金を頂けるビジネス 

    今回は、集客では無くビジネスモデルについてです。火災保険リフォ…

  2. ブログ

    不動産投資をやるぐらいならサイト作ります

    自分は何もすること無く自動的に且つ毎月安定して集客することができる仕組…

  3. ブログ

    誰にでもできない技術だからこそ価値がある

    現状にプラス@の技術を身につけるこれが上手くできると仕事の幅が…

  4. ブログ

    展示会集客その後セールスの極意とは?

    さて昨日は、展示会における集客についてお話をさせて頂きました。…

  5. ブログ

    はじめよう。可愛いビキニが売り切れる前に。 

    先日電車に乗っていると、こんな広告が目に入ってきました。「はじ…

  6. ブログ

    資産としてのWEBサイトとは?

    自社WEBサイトを所有する上で失敗しないための方法として、「成果報酬型…

  1. ブログ

    ネーミング変えました。
  2. ブログ

    こうやって、人は死んでいくのか。。。
  3. ブログ

    実績が凄いです。『火災保険リフォーム』 
  4. ブログ

    一つの事業に集中した後やるべきこと
  5. ブログ

    『保険金額』はコミュニケーション次第
PAGE TOP