ブログ

不動産投資をやるぐらいならサイト作ります

先日からお伝えしている、自分は何もすること無く自動的に且つ毎月安定して集客することができる仕組みである「資産型WEBサイト」ですが、こういった仕組みを持つことは、収益を生む資産である不動産を持つ以上にメリットが多いです。

何故なら、初期費用がかからない。私は不動産投資はしていませんが、その理由として、「資産型サイト」であれば初期費用もかかりません。

不動産であれば最低でも何千万という借入をしないといけません。ですので、空室になったの時のリスクがあります。「資産型サイト」であればそもそも初期費用が、サーバー代とドメイン代ぐらいなものなので、費用という費用はほとんどかかりません。

つまり、資金的なリスクが無いのです。不動産投資をやるぐらいなら、自分でサイト作ります。もちろん、サイトを収益化していくためのビジネスモデル構築は必要ですが。

ただ、建設業、店舗ビジネス士業、コンサルタント業など、既にご自身のビジネスを持たれている方は多いと思います。あとは集客をどうすか?これさえクリアできれば売上は上がります。

特にこういったビジネスモデルのは「労働集約型」ビジネスなので、数人規模でやっている場合は、自分で営業して自分で作業するという方が多いと思います。この営業という行為が今の時代は人を使うよりもWEBを使った方が有効なのです。

例えば営業マンが飛び込み営業をする場合、最大でも1日数人程度が限界では無いでしょうか。しかしWEBの場合は、仕組みさえ準備しておけば後は勝手に注文が入ってきます。

アーキクラウドの場合、1日3000人程度の人に営業できているのです。この差は非常に大きいです。特にまだ小規模で経営されている方にとっては。

では具体的にどうやってこのような「資産型WEBサイト」を構築していけば良いのか?

またブログにアップします。ありがとうございました。

【執筆】 山田 博保 Yamada Hiroyasu

一級建築士としての経験を活かしたWEBサイトを複数運営。内装工事マッチングサイト「アーキクラウド」創業者。WEBマーケティングとテクノロジーの力で建築業界に新たな価値を提供する活動を行う。を目指す方に向けて情報発信を行う。詳細は公式メールマガジンより。Facebookはこちら

関連記事

  1. ブログ

    まずはアウトプットしてみるということ。

    過去の全ては今につながっている。人生に無駄なことは無く、全ては…

  2. ブログ

    一つの事業に集中した後やるべきこと

    私の会社は創業依頼、売上が毎年伸び続けています。確かに売上は上…

  3. ブログ

    『既存顧客』へのアプローチを仕組み化する

    『見込み客』には、顕在顧客と潜在顧客があります。顕在顧客の場合…

  4. ブログ

    【衝撃】フライデーから電話がありました。

    最近こんな電話がありました。「こちらフライデーですが取材をさせ…

  5. ブログ

    『火災保険』衝撃的な動画を公開

    火災保険を活用したビジネスに関する非常に衝撃的な動画を公開します。…

  6. ブログ

    誰にでもできない技術だからこそ価値がある

    現状にプラス@の技術を身につけるこれが上手くできると仕事の幅が…

  1. ブログ

    最も簡単なテストマーケティング方法 
  2. ブログ

    目先の利益よりも大事なコト。
  3. ブログ

    楽しみながら収益もついてくる
  4. ブログ

    来年の目標を立てるだけではダメな理由とは?
  5. ブログ

    フランチャイズ化のポイントとは?
PAGE TOP