ブログ

一つの事業に集中することが間違っている理由とは?

弊社は4月決算なのですが、税理士から売上の速報が上がってきています。

2期目は1期目の2倍以上になります。で今期もおそらく、前期の2倍以上になると思います。

確かに売上は上がっているのですが、社員を新しく雇用したり、大規模な設備投資をしたり、といったことは一切していません。

できるだけ、

「お金」
「時間」

を使わずに売上を最大限伸ばすことフォーカスしているから可能なんですね。

「一つの事業に集中する」これはドラッカーの言う通り、間違っていないとは思いますが、ただし、同時にリスクもあります。「その事業が外的要因で突然成り立たなくなる。。」といったことは多々あることです。

そうなった場合、収入は極端な話「ゼロ」になってしまうということ。ですので、まず最初は一つの事業に集中してある程度先が見えてきたら、「新規事業」に参入してリスクを分散する。

これが会社が長期的に生き残っていくために必要なことのではないかと思います。実際は私の場合も、新規事業を増やしていった結果がこの売上の上昇だったりします。

しかし、この新規事業というものは曲者で、下手すると大きな損失を出すことも十分に考えられるのです。

ですので、先程の

「お金」
「時間」

をできるだけ、かけない形での参入が最も適しているという理由です。ではどうすれば、そのようなことが可能なのか?

またブログにアップします。ありがとうございました。

▼世界一簡単な資産型WEBサイト構築無料講座
http://archibook.biz/shisanweb/lp001

【執筆】 山田 博保 Yamada Hiroyasu

一級建築士としての経験を活かしたWEBサイトを複数運営。内装工事マッチングサイト「アーキクラウド」創業者。WEBマーケティングとテクノロジーの力で建築業界に新たな価値を提供する活動を行う。を目指す方に向けて情報発信を行う。詳細は公式メールマガジンより。Facebookはこちら

関連記事

  1. ブログ

    最も簡単なテストマーケティング方法

    昨日の「テストマーケティング」の無料音声は受け取って頂いていますでしょ…

  2. ブログ

    はじめよう。可愛いビキニが売り切れる前に。 

    先日電車に乗っていると、こんな広告が目に入ってきました。「はじ…

  3. ブログ

    最も簡単なテストマーケティング方法 

    「テストマーケティング」の無料音声は受け取って頂いていますでしょうか?…

  4. ブログ

    B to C系よりもB to B系

    工事を受注したけれどもなかなか職人さんが見つからない。。…

  5. ブログ

    ローリスクで事業の柱を増やす方法とは

    起業してから色々な出来事がありました。ビジネスにおいては、初期…

  6. ブログ

    ローリスクで事業の柱を増やす方法とは?

    2016年を振り返ってみると。。。色々な出来事がありました。ビジネ…

  1. ブログ

    【鉄板】B to B 事業展開の具体的な流れとは?
  2. ブログ

    初期費用がかからない投資
  3. ブログ

    ローリスクで事業の柱を増やす方法とは
  4. ブログ

    『福岡』『仙台』でも説明会を行います!
  5. ブログ

    ゼロから成功への黄金方程式
PAGE TOP