ブログ

【衝撃】フライデーから電話がありました。

最近こんな電話がありました。

「こちらフライデーですが取材をさせて頂きたいのですが。。」

「えっ何かやらかしてしまったのか!!」

一瞬焦ったのですが、冷静になって考えてみると、全く記憶にない。。

よくよく話を聞いてみると、「最近自走式立体駐車場の事故が多く専門家的立場から今の立駐についての問題点について取材させて頂きたい。」といった内容でした。

確かに、最近ニュースでも取り上げられています。

何故私に連絡が来たのかということですが、これがWEBの力なんですね。

私が運営している資産型WEBサイトの1つに建築の法規をまとめたサイトがあります。

そこに自走式立体駐車場に関する記事があり、それを見て連絡したとのことです。

私はもともとサラリーマン時代の業務で「自走式立体駐車場」を扱ったことがありますので、かなり細かい知識があります。

その経験を活かした形で執筆していますので、種類から、法規、コストそして、どのメーカーが良いかなど、10000文字ぐらいの超濃厚な記事を書いています。

こういった記事は外注のライターさんでは絶対に欠けないです。

もちろん設計士であれば書けると思いますが実際に書く人はいないでしょう。(そのメリットに気付いている人がいない。。)

つまり、資産型WEBサイトを運営しているとその分野の専門家として認識されるということなんですね。

そうなれば、今回のように雑誌等に取材されメディアに出ることもできますし、何より、お客さまも安心して工事を依頼できるようになるでしょう。

つまり勝手に「ブランディング」ができしまうということなんですね。

この効果は非常に大きいです。

これは別に建築、店舗ビジネス、コンサル業に限らずどのような業界でも共通です。

その分野に長年従事してきた知識と経験は他の人が尊敬するほどのすごい情報です。

それを自分の内にだけ留めて置くのではなく、どんどん外に出していく。

資産型WEBサイトは自分の知識経験を、テキストしてサイトにアップロードすることで資産にするということです。

そうすることで自動的に、その分野に興味がある人が集まってきてお客様になったり、取材されたりするようになるのです。

今の自分のコピーをWEB上に作るというイメージです。

先程の自走式立体駐車場の話しのように例えばWEB業者がそういったサイトを作ったとしてもそこまで濃い記事は書けません。

専門家であればより詳しい記事を書けるわけですから上位表示もし易いのです。

本当に価値あるWEBサイトは短期的な集客でなく、一生自分のビジネスをサポートしてくれるものだと思います。

またブログにアップします。ありがとうございました。

▼世界一簡単な資産型WEBサイト構築無料講座
http://archibook.biz/shisanweb/lp001

【執筆】 山田 博保 Yamada Hiroyasu

一級建築士としての経験を活かした不動産投資家向けのコンサルティングやWEBサイトを複数運営。株式会社アーキバンク代表取締役。建築・不動産業界に新たな価値を提供する活動を行う。詳細は公式メールマガジンより。Facebookはこちら

関連記事

  1. ブログ

    違反建築物で合法的に稼ぐための唯一の方法とは?

    違反建築物はリスクだらけです。後々のことを考えると、当…

  2. ブログ

    ブログとサイトの本質的な違い

    今日はブログとサイトの違いについてお話します。違うということは…

  3. ブログ

    キーワードプランナーについて

    1回目の動画でご紹介したキーワードプランナーですが、広告を出稿していな…

  4. ブログ

    事業の多角化方法とは?

    一つの事業に集中することは重要ですが、ある程度まで大きくなると、ぱっと…

  5. ブログ

    週に最低1時間やるべきこと。

    日々忙しく業務に追われていると、俯瞰して物事を考えることが無くなります…

  6. ブログ

    「信頼」と「評価」

    今、IT企業が建設業に積極的に参入しています。リフ…

  1. ブログ

    WEBが苦手なのですが大丈夫でしょうか?
  2. ブログ

    厚木に本社を構える老舗店舗工事会社を訪問
  3. ブログ

    たった5分の作業で7倍になった方法
  4. ブログ

    詐欺師以下の最低な人種とは?
  5. ブログ

    実践しなければ意味が無い
PAGE TOP