ブログ

コールセンターのAI化はかなり進んでいます。

家電量販大手のエディオン、外壁塗装を強化
https://www.reform-online.jp/news/appliances/14743.php

誰でもスマホで
様々なサービスの申し込みが
できる世の中になりましたが、

リフォーム業界に限っては、
まだまだリアル店舗の影響は大きいですね。

大手家電量販店は続々と
リフォーム業界に参入していますし。

その一方でWEBマーケティング業界での
競争は激化しています。

今回のような「外壁塗装」は
通常のリフォームに比べて手間もかからず

利益率も高いため、
様々なマッチングサイトが氾濫している状況です。

試しにgoogleで『外壁塗装』と検索してみて下さい。
ものすごい数のマッチングサイトが出てきます。

広告でトップに表示させるのに
1クリック1,000円ぐらいかかると思います。

正直マッチングサイトで利益出すのも
かなり難しくなっているはずです。

こういった中で、
それぞれのサイトで何か違いが
あるかというと、ほぼ同じなんですね。

3社見積もり比較とか5社見積もり比較とか。。
全く差別化がされてないわけです。

そこに付加価値はありません。

結局は価格若しくは営業マンの力量に
懸かっているわけですが、

そのあたりはサイト運営型は
なかなか介入できない。。

紹介だけして、後はよろしく状態です。

紹介後の成約率向上を上手く
システム化することがこの
レッドオーシャン業界で
生き残るためには必要なんでしょう。

いずれにしても、長期的にみれば
WEBから依頼は増えていくわけなので

小規模な会社でもしっかりと対策を
していないところは淘汰されていくと思います。

○コールセンター/CRMデモ&コンファレンス
https://www.callcenter-japan.com/tokyo/keynote/index.php

会場に行ってきました。

これはかなり衝撃でしたね。
コールセンターのAI化はかなり進んでいます。

私もチャットツール(AI非搭載)
は一部取り入れていますが、
全てAI化すればかなり業務が効率化されそうです。

あと非常に良いサービスを見つけまして、
フリーダイヤル付きの電話番号を複数
レンタルできるサービスです。

私の場合は、複数のサイトがあって
LPもたくさんありますので、
正確なコンバージョンを測定するには
どうしてもたくさんの電話番号が必要になります。

初期費用はかなり格安で
通話料金は通常より少し高めになります。

早速取り入れてみようかと思います。

ーSPー

昨日はリペアの撮影をしました。

講座用ではなく、
リペアスペースの集客用ですね。

SEOもほったらかしでは
安定しない時代になってきましたの
集客のチャネルはたくさんあった方が良い。

ということで、
Youtubeも今後は積極活用していきます。

リペアはビフォー、アフターの
インパクトが大きいので
視覚性が強いメディアに適しています。

もちろんその動画をサイトのコンテンツとして
活用すればSEO上の効果も高いですしね。

【執筆】 山田博保 Yamada Hiroyasu

一級建築士としての経験を活かした不動産投資家向けのコンサルティングやWEBサイトを複数運営。株式会社アーキバンク代表取締役。建築・不動産業界に新たな価値を提供する活動を行う。詳細は公式メールマガジンより。Facebookはこちら

関連記事

  1. ブログ

    生産性を奪う3つの敵とは?

    同じ仕事をするなら、できるだけ生産性を上げたいのは誰もが思うところです…

  2. ブログ

    俯瞰して考える時間を取るということ 

    日々忙しく業務に追われていると、俯瞰して物事を考えることが無くなります…

  3. ブログ

    資産としてのWEBサイトとは?

    自社WEBサイトを所有する上で失敗しないための方法として、「成果報酬型…

  4. ブログ

    ここ2ヶ月ぐらいで200件以上の申し込み

    資産型WEBサイトの目指すところは最小限の労力で最大限の利益を得る…

  5. ブログ

    『買い替え』の実践的なスキームとは?

    『所有不動産買い替え』について、より実践的な内容をお伝えする…

  6. ブログ

    ローリスクで事業の柱を増やす方法とは

    起業してから色々な出来事がありました。ビジネスにおいては、初期…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. ブログ

    一つの事業に集中することが間違っている理由とは?
  2. ブログ

    ブログとサイトの本質的な違い
  3. ブログ

    アンケートをコンテンツにする方法を公開します
  4. ブログ

    第三者から資金を頂けるビジネス 
  5. ブログ

    初期費用がかからない投資
PAGE TOP